ユーグレナの正体はミドリムシ - やっぱり不安?ユーグレナの疑問点まとめ

やっぱり不安?ユーグレナの疑問点まとめ

ユーグレナの正体はミドリムシ

最近、「ユーグレナ」が注目を浴びていますよね。
健康食品として大人気なだけではありません。
バイオ燃料、バイオプラスチックなどの原料として実用化できる可能性が高く、バイオ燃料に関しては既に大企業も具体的な見通しを持って動いています。
2020年にはジェット機の燃料として実用化される予定です。
人間の生活を一変してしまう可能性すら秘めているユーグレナですが、「そもそもユーグレナって何?」「安心して食べることができる食材なの?」って人も少ないくないでしょう。
今回は今更聞けない、ユーグレナの正体について解説します。

ユーグレナの正体、それはズバリ「ミドリムシ」です。
厳密にはミドリムシの属するユーグレナ類ユーグレナ藻の生物群を指しますが、これは便宜上、混同してしまってもそれほど支障はありません。
とにかくユーグレナとは、小学校の頃に理科の観察実験で顕微鏡を使って観察した、あの小さな緑色の微生物だと思っていれば問題ありません。

ユーグレナという生き物は生物界でもとても特殊な生き物として知られています。
動物と植物の特徴を持ち合わせる、珍しい生き物なのです。
ユーグレナは鞭毛運動という方法で「移動」することができます。
さらに細胞壁が存在せず、生存環境によっては他の生物を取り込むこともあります。
つまり、動き回って食事をする、動物としての特徴を持っているのです。
しかしユーグレナは体内に葉緑体を持っており、これによって光合成することを可能としています。
光合成とは、完全に植物の特徴ですよね。

このように動物と植物の中間的な生き物であるユーグレナは、動物と植物の両方の栄養を含んだ食品としても注目されています。
そしてユーグレナは貧困国の栄養不足問題を解決するべく大量培養されるようになった生き物でもあります。
つまりユーグレナは安心して食べられるどころか、動物と植物の栄養素を摂取できる貴重な食材なのです。

top